| 板橋 珈琲豆 | 杉綾珈琲豆店

Blog

  • ブログ 2020/01/10

    ・・・・・・・・・・・・。

    昨年12/31の記事にて触れた、は号作戦(*)の件ですが・・・・・・

    結論からいいますと作戦は失敗でした。

    売れゆき不調でした。

    12/31は寒さと強風のため例年に無い人出の少なさ、

    1/1は人出こそ多いものの往来の動線や参拝客の心理的・生理的な状態と提供者側の位置関係、タイミングの齟齬やらなんやかんや、敗因を分析するにそのどれもがさもありなん。

    近隣のお店さんも商機無しということを長年の営業体験と観察から理解しているのでしょう、ほとんど休みでしたし、テキ屋さんとかの出店も無し。

    やはり先人達は知っているのでしょう。

    それにひきかえ我々は知らなさすぎた。拙速かつ知らなさすぎた。不覚なるかな、知らなさすぎた。

    事を起こすには迅速果断であるほうが望ましいでしょう。が、事を成すには綿密な調査と思慮に裏打ちされた勝利へのロジックが必要不可欠でありました。

    ・・・・・・・・。

    まあそういうことなのでしょう。

    敗軍の将、兵を語らずと古来より申しますのでこれ以上の言及は避けますが、

    やってみて初めて得る事も多々あるのもまた事実!

    体験から得る学習・考察、これまでの直観と信念の正しさや敗退の屈辱などもろもろ内省するに及んで、今後の商売の糧となるでしょう。

    かの魏武や右府様も一度ならず大敗しその都度再起し捲土重来、覇業を達成したのはたれもが知る通り。

    そう、羞を包み恥を忍ぶは是れ男児なりと申すではありませんか!

    金を失うのは小さく、名誉を失うのは大きい、だが勇気を失うことだけはいけない、

    みたいなことをサー・ウインストン・チャーチルが仰ってましたがその通り、然り、その通り!

    だもんで私も他日、会稽の恥を雪ぐことを期してまずは十年。

    一剣を磨くことに致しましょう。

    何、100回失敗したら200回やるまでのことです。

    そんな感じです。

    ・・・・・・・・・・・・・・。

    これ以上は私の筆で能く語り得るべくもありません、まずはご報告とさせて頂き、終わることに致します。

     

     (なお補足ですが、終わってみればブリリアント・コーナー、店内は年末年始も大盛況でした。また、テイクアウトコーヒーをお買い上げ頂いたお客様はほとんど中板橋から参拝しに来た、当店のお客様だったというのも救われた次第であります。)